• ホーム
  • ハウスINハウスの断熱リフォーム

ハウス IN ハウスの
断熱リフォーム

HOUSE IN HOUSE

ご存知ですか?
お家の中にお家をつくるリフォーム
「ハウス IN ハウス」

工期の短縮を実現! 壊さずリフォーム!

シバタ建設とハウスIN ハウスがご提案するのは、「お家の中にお家をつくる」という新しい発想の断熱リフォーム。
現在のお住まいを壊さず、必要なところだけに手を入れて“新築品質” の快適な空間をつくり上げます。

Point.1 壊さないという新発想

天井・壁・床にオリジナルパネルを貼り込み、内側からしっかりと覆うことで、涼しさや暖かさを逃さず、高い断熱性能を発揮します。また家全体ではなく、生活エリアのみなど必要なところにだけ手を入れる部分的な施工も可能です。“手軽さ” と“快適さ” を両立させ、家を壊さず「新築品質」にまで性能を引き上げる。それがハウスIN ハウスのリフォームの新発想です。

「壊さないリフォーム」を可能にするのが、ハウスIN ハウスのオリジナル断熱パネル。
蜂の巣状(ハニカム構造)の断面に断熱材を注入し、合板でサンドしています。
断熱性能を高めるこのパネルを、天井・壁・床の内側に隙間なく貼り付け、建物の内部に“新しい壁” をつくり出します。

空間をテーマや用途に分けて考えることをゾーニングといいます。
戸建住宅では大きく下記の3つのゾーンに空間を分けることができます。

  • 1 来客のあるパブリック(公共)ゾーン
    玄関や客間、リビングなど
  • 2 個人の部屋となるプライベートゾーン
    寝室や子供部屋など
  • 3 サービスゾーン
    キッチン、トイレ、バスルームなど

ハウス IN ハウスでは断熱パネルを使用して既存の建物内に「断熱ゾーン」を作りその中に上記3つのゾーンを新たに配置します。

Point.2 安心・明朗な価格設定

リフォームを行う場合、まず住宅全体の現状を把握する“現地調査” が欠かせません。十分な調査が行われない場合、工事が始まってから「追加費用の発生」というトラブルが起こる可能性もあるので、注意が必要です。
家の中の温度差を測るサーモ機器などを用いて住宅の現状を非破壊で調査し、図面化。「住まいのカルテ」を作成します。この調査によって、いま直すべきところと、直す必要のないところを明確にして、本当に必要な箇所のリフォームを提案します。

基本パック498万円(税別)

特に要望の多い「キッチン・洗面所・バス・トイレ」の水回りを含む、室内23.5 畳の断熱リフォームを基本パックとして、498 万円(税別)からご提供しています。

(※フローリングやクロスの張り替えはもちろん、間仕切り変更工事や、設備の交換工事など、一通りの工事を含んだ基本パックです)

ご存知ですか?!断熱リフォームで活用できる補助金があります!

自宅のリフォームを検討する際には国や自治体の補助金制度を利用することができるかどうかを調べることで、お得にリフォームを行うことができる場合があります。リフォームを実施しようとする人に向けてさまざまな補助金制度があり、例えば介護のために今住んでいる家をバリアフリー化したい、地震に備えて耐震工事を行いたい、光熱費を節約するために断熱リフォームをしたいなど用途や目的ごとに様々な補助金が用意されています。
支援の内容は国や自治体によって異なり、中には複数の支援を適用することができる場合もあります。高額な補助金や支援を受けられる場合もあるので、リフォームを検討する際には必ず事前にチェックするようにしましょう。

Point.3 最短10日ほどの短い納期!

ハウス IN ハウスは今の住まいを壊さないから、工期の短縮を実現。最短10日でスピーディーに工事を完了させることもできます。

断熱のすすめ

生活改善のための断熱リフォーム

高気密・高断熱住宅は外気から受ける室内環境への影響を減少させます。
暑さや寒さから家を守り、快適な室内温度を保つことはもちろん適切な換気設備を設けることにより湿気による結露などの症状も抑えることができます。

節約のための断熱リフォーム

高断熱の家は室外からの熱気・冷気の流入を減らすと同時に、室内の暖かさ・涼しさは外に逃げづらくなるので、「夏涼しく、冬は暖かい」快適な暮らしを実現します。
また断熱をしっかり施すことで、家の中の温度差がなくなり住む人の身体への負担が軽くなります。さらにエアコンな ど冷暖房機器の“効き” が格段に良くなるため、光熱費も以前より安くなるうれしいオマケ付き。 年間最大 30% 前後の電気代削減効果が期待できます。

健康・快適のための断熱リフォーム

家の中の急激な温度差によって血圧の変動が起こり、身体に悪影響が起きることを「ヒートショック」と言います。例えば冬場、熱い湯船につかった後の寒い脱衣所には注意が必要です。
ヒートショックが要因の入浴時死亡者数は、交通事故の死亡者数の約4.4 倍にも上るという調査結果もあるほど(※1)、日常に潜む大きな危険となっています。
住まいで起こるヒートショックを未然に防ぐためにも、断熱によって家中の室温を一定に保つことが大切です。

※1 厚生労働科学指定型研究「入浴関連事故研究班調査」、総務省統計局より

モデルハウスで体感できます!

10月下旬清水区興津地区に
静岡県中部初のハウスINハウスモデルハウスOPEN予定!

築30年の木造住宅をナチュラルモダンな高断熱住宅へリニューアル! お楽しみに。

要予約 Tel.054-348-3376 受付時間/平日9:00~17:00
シバタ建設
「ハウスINハウス」モデルハウス
〒424-0204 静岡市清水区興津中町1410-8