強みとこだわり
CONCEPT

いいお家造りは、
顔の見える工程会議と着工式 近隣への挨拶と気遣い 掃除の行き届いた綺麗な現場 から。

お客様から安心して家造りを任せていただきたいという想いから、シバタ建設ではお客様と施工業者の顔合わせの着工式を必ず行っております。
選りすぐりの業者同士が集まる工程会議では、近隣への配慮や現場管理、掃除等を徹底するようにお伝えし、業者同士が連絡を取り合う事で工事が円滑に進み、皆が一丸となりお家造りができます。

アンティークテイスト

シバタ建設は、既製品・大量生産では味わえない「アンティーク」「ビンテージ」「レトロ」をイメージした「心が落ち着きくつろげる家」「自分のこだわりに囲まれた家」造りを得意としています。
アンティーク風といってもプロヴァンス風からアーリーアメリカン風まで様々。そこで、お客様のイメージを絵にして想いを共有します。打ち合わせでイメージを固めながらパースを作成し何回も確認していきます。

エイジング加工技術

「アンティーク」「ビンテージ」「レトロ」といった言葉に当てはまる材料はシバタ建設のエイジング加工技術で創ります。
新品の木材にわざと傷をつけ特殊加工し、塗装して、同じ素材から様々な表情を演出します。このような技術が確立できているからこそ、住宅造りに必要な様々な部位の材料の安定供給が可能となり、トータルでお客様のイメージに近づけることが可能になります。

ママ&女性目線の設計

シバタ建設では、空間プランナーをはじめ、女性スタッフが活躍しています。
ママの目線で家事がしやすい導線・収納を考慮しながら家族がくつろげる空間を考えていきます。
実際に子育てや育児経験があるからこその気付きや配慮で、女性ならではのきめ細やかな提案を心がけております。

自社大工の責任施工

社長の柴田が自ら土台や建前を率先して行うなど、シバタ建設では自社大工が責任を持ってお客様のお家造りに携わります。
経験豊富な大工による一つ一つの丁寧な手仕事で、お客様の大切なお家を作り上げます。

木造軸組工法(在来工法)

在来工法の歴史は古く基本構造は弥生時代まで遡ることができ高床式の倉庫などに使用されておりました。日本建築は2000年以上育み、基本構造を進化させてきました。
木の持つ特性を最大限に活かす工法で、通気性に優れ、日本の四季によく合います。増改築にも容易に対応ができ、地震にも強い工法の一つとして人気を集めています。

自然素材で造る家

防火性が高く、古くは土蔵につかわれていた漆喰は強アルカリ性の特性上、カビを防ぎます。
時を経るごとに味わいがましていく漆喰を使った壁は、家族の暮らしに安心・安全をプラスします。

オリジナル家具・雑貨

シバタ建設では、お客様のこだわりの住宅にあわせて、家具や雑貨もお造りします
シバタ建設の大工独自の技術を活かし、木をふんだんに使った温もりが感じられる一品です。

リフォーム、
外構工事のみでもOK!

シバタ建設では、住宅や店舗の新築工事だけでなく、リフォームや外構工事のみのご依頼も承っております。
キッチンの水回りのみ新しくしたい、玄関までのアプローチを改修したい、など、お客様のご要望に応じて、様々なご提案をさせていただいておりますので、お気軽にお申し付けください。