静岡市のアンティーク風住宅・店舗リノベーション、注文住宅、店舗改装、自然素材、プロヴァンス住宅、エイジング

  1. ホーム
  2. グラスウール

グラスウール断熱材

グラスウールはリサイクル素材

グラスウールはガラスを原料としています。その原料の80%以上が建築現場、家庭などから回収される資源ごみからなるリサイクルガラスを使用しています。

幅広い用途で快適な生活を支えています。

グラスウールは、断熱性、保湿・保冷性をはじめ吸音性にも優れた素材です。そのため、住宅用の断熱材をはじめとして、ビル建築などにおける空調ダクト、給排水管の保湿・保冷材、音楽ホール、体育館、スタジオ等の吸音材、高速道路における防音壁など幅広い用途で使われ、快適な生活を支えています。

グラスウールの特徴と強み

断熱性

繊維が複雑に絡み合うことで空気の部屋を作り出しており、この空気の部屋を層として構成することで、優れた断熱性能を発揮します。快適な温熱環境の創造に貢献します。


吸音性

多孔質材料であるため、優れた吸収性能をもっています。音の反響を軽減し快適な音環境の創造に貢献します。


不燃性

万一の火災時にも延焼や類焼を防ぐ不燃性の高い材料です。生活に安心をお届けします。


耐久性

無機質素材であり、経年変化等の少ない耐久性の高い材料です。変わらぬ性能をお届けしています。


経済性

コストパフォーマンスに優れ、断熱材として使用することで冷暖房等の光熱費削減に寄与します。


安全性

人体に害がない安全な材料です。アスベストとは全く異なる材料であり発がん性の心配もありませんので安心してご使用いただけます。


環境性

原料の80%以上はリサイクルガラスえ、使用後も再生して利用が可能な環境に優しい素材です。


撥水性


耐蟻害性


LCCO2削減


さまざまな形状で活用されるグラスウール断熱材

防湿フィルムなし製品(裸品)

断熱材をフェルト状にしたもので、屋根・天井・壁・床など様々な部位で使われています。断熱施工をする際は別貼りの防湿フィルムの連続性を確保することが容易なため、より完成度の高い施工に適しています。

防湿フィルム付製品(耳付き品)

断熱材をフィルムでパックしたタイプの断熱材です。室内側には防湿フィルム、室外側には透湿フィルムが使用されています。主に屋根・天井・壁に使われ、温暖地域で一般的に使用されています。


ボード状

断熱材を高密度の板(ボード)状に固めたものです。標準的な住宅規格に合わせたサイズに成形されていて、主に床用断熱材として使用されています。鉱物繊維系断熱材は湿気を透しやすい性質を持っています。万一の水漏れに対しても、湿気を排出する働きに優れており、乾燥を促進します。

粒状

天井や壁、床用の断熱材として使用されています。門工事業者により専用機械を使用して、吹込み施工されます。粒状の断熱材を吹き込みますので継ぎ目ができず、隙間なく施工できます。